FC2ブログ

こいのぼり

おはようございます。


 今日は 「おかぁさん鯉」 を作りまぁーす。

IMG_E3644s-.jpg

前回はお父さん鯉を作りましたが、本体の形ですが黒い鯉は口が少し下向きです。



IMG_E3645s-.jpg


赤色の鯉は口を上側に向けています、これは動きを出すためです。
では赤色の本体に目やウロコを貼っていきましょう。



IMG_3646s-.jpg


IMG_3647s-.jpg


口の部分を作ります、前回の黒い鯉と同じです。


IMG_3648s-.jpg

本体に貼りましょう。


IMG_E3639s-.jpg



IMG_E3640s-.jpg


目を作ります。


IMG_E3649s-.jpg

本体に目を貼ったらえらを貼ります。


次はウロコです。


IMG_3655s-.jpg


赤色の鯉のウロコは、薄桃色にえらと同じ濃いピンクと千代紙を組み合わせています。



IMG_3656s-.jpg


 こんな感じになりましたぁ~。


さて、次回は 子供の鯉を作って 台紙にレイアウトしまぁーす。


今日も最後までご覧いただきましてありがとうございます。






いつも「ポチっと」応援ありがとうございます。
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

デイサービス ブログランキングへ

とんぼ玉ネットショップ
ショップバナー
アートアクティビティショップとんぼ玉





















スポンサーサイト



こいのぼり

おはようございます


今日はウロコを作りましょう。



IMG_3602s-.jpg


実は、このウロコですが2枚を貼り合わせています。
しずく型で黄色は画用紙を使用、小さいウロコは折り紙です。
この折り紙は100均で販売されている「クラフト折り紙」という商品でした。
なんと日本の古典柄 波文様です、しかし恐るべし100均  
このクラフト折り紙は4種類の文様が入っていましたよ-。



IMG_E3643s-.jpg


少しずつウロコの位置を決めながら貼っていきます、見本では尖った方の部分にのみのりをつけています。
2列目は1列目に差し込みながら貼っています。



IMG_E3644s-.jpg



どうでしょうかぁー。  豪華に貼りました。


これで 一番上のこいのぼりができました。


では、つぎは おかぁさん鯉を作りまぁーす。



今日も最後までごらんいただきましてありがとうございます。

次回をおたのしみにぃ~。







いつも「ポチっと」応援ありがとうございます。
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

デイサービス ブログランキングへ

とんぼ玉ネットショップ
ショップバナー
アートアクティビティショップとんぼ玉




















鯉のぼり

おはようございます。


では今日から「こいのぼり」の作り方を始めまぁーす。

まず 鯉の形を決めます、単純にまっすぐな幅に、尾びれの部分をV字形にくりぬくだけで十分なのですが
今回は少し動きをつけるために形を変えています。


IMG_3633s-.jpg

3匹の鯉をつくりますが、これは一番大きい鯉です。色は黒にしてみました。




このパーツは鯉の口から目の部分になります。
IMG_E3635s-.jpg



IMG_E3636s-.jpg


水色のパーツは黒色の鯉のパーツの口の部分をなぞって作ります。
次に、こいのぼりは実際筒状になっていますので、白い画用紙で口の部分をつくり輪になっているような
雰囲気を出します。




では、本体につけてみましょう。


IMG_E3641s-.jpg


こんな感じになります。


次は目を作ります。


IMG_E3639s-.jpg

目は3色で作ります、黒色・水色・白色です。
この3枚を重ねます。


IMG_E3640s-.jpg


この円を全て中心に貼り合わせると、とってもびっくり した表情になります。
それも可愛いですが、水色と黒色のパーツを前側に寄せることで、こいのぼりの雰囲気がとてもでます。
いろいろな表情を作ってみてくださいね。



では、本体に貼ってみましょう。


IMG_3642s-.jpg


目の位置が決まったら、下側にえらを貼ります。
今回はきれいな彩りになるように、黄色にしています。


さぁ、次回は ウロコ でーす。  



今日も最後までごらんいただきましてありがとうございました。





いつも「ポチっと」応援ありがとうございます。
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

デイサービス ブログランキングへ

とんぼ玉ネットショップ
ショップバナー
アートアクティビティショップとんぼ玉
















こいのぼり

 おはようございます。


しかし、あっという間に「春」を迎える感じになってきましたねー。  


とはいえ、とんぼ玉は先日までたんぽぽの作り方をお伝えしていまして、とっくに春を迎えていますが
さて、今月はもう「こいのぼり」の準備に入ります。


北海道では、畑等が広がる地域では、空高く泳ぐこいのぼりを時折みかけますが、札幌の様なところでは
小さいマンションサイズのこいのぼりが泳いでいます。

しかし、自分が子供の頃とは大きく違い、本当にあまり見られなくなりました。



こいのぼり1s-



最近はテレビなどでこんな風景も良く映し出されていますよね。


こいのぼり3 (1)s-


w(゚o゚)w  何匹いるのかなぁ。




介護施設などでは「こいのぼり」はよく作る作品と思われます。
今回の壁絵は、一枚の大きな模造紙に貼ってもよいですし、一匹一匹単独で泳がせても良いですし
施設の大きさや飾る場所でいろいろ変えられる作り方にしています。



こいのぼりの歴史は江戸時代  男児の出世と健康を願って武士の家の庭に飾られたのが最初といわれています。
明治になると、昔は真鯉のみでしたが、緋鯉が登場。
昭和になり、こどもの日になり家族の鯉のぼりに形を変え、子鯉が登場となったようです。

吹き流しってなんであるんだろうといつも思っていたのですが、なんと、武士が中心の時代に商人の
身分がまだ低かった頃、裕福に商人は、こぞってこいのぼりに色とりどりの吹き流しをつけて
豪華にしていたそうです、ようは対抗意識ですねぇ。


とにかく私は「岡本太郎 様の TARO鯉」がなんとも素敵で、でも空を泳いでる姿は一度も見たことが
ありませんねぇ。  みたぁーい(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)


こいのぼり3 (2)s-



さぁ、それでは次回から少しずつこいのぼりの作り方に入りまぁーす。

でもまず見本ですよね。  




今回の作品は   こちらっ 



IMG_E3730s-.jpg



今日も最後までごらんいただきましてありがとうございました。

次回をおたのしみにぃ。  






いつも「ポチっと」応援ありがとうございます。
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

デイサービス ブログランキングへ

とんぼ玉ネットショップ
ショップバナー
アートアクティビティショップとんぼ玉







染めてみますかぁ。

 おはようございます

 今日は3回目 和紙染め 最終でーす。  


IMG_E3386s-.jpg

大きい台紙全面に和紙を貼る場合は、手でちぎって一枚一枚貼っていきます。

IMG_3192s-.jpg



こんな感じで貼っていきます。



もう一つ、筆を使って風合いを出す方法をお伝えします。


IMG_3789s-.jpg


まず必要な大きさ・形をカタトリします、そして水をつけて筆で線をなぞります。


IMG_3790s-.jpg

こんな風になります。



IMG_3792s-.jpg

線の所を手でちぎっていきます


IMG_3796s-.jpg


乾くとこんな感じになります。

IMG_3795s-.jpg

さて、これは何になりますかぁ~  (*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)




VAYC3136s-.jpg

紅花でーす 。゚(゚^∀^゚)σ。゚



IMG_E3774s-.jpg




この紅花づくりは、もう少し後でくわしくご紹介いたします。



今日も最後までごらんいただきましてありがとうございました。

少しご参考になりましたか ?



では、次回は いよいよ  こいのぼり です  


おたのしみにぃ~  





いつも「ポチっと」応援ありがとうございます。
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

デイサービス ブログランキングへ




染めてみますかぁ。


おはようございます。


前回に続きまして「和紙染め」です。


ぼかし染めs-


これはぼかし染め  






揉み和紙s-


これは 揉み和紙 染めです。

和紙の染め方はいろいろです。
今回は、板締めという染め方に少し似ている感じに染めています。



では、始めましょう。


IMG_3761s-.jpg


和紙を染めるのに初めに全体を湿らします、このため、入れ物に
水を入れてじゃばら折りの和紙を折ったまま水につけます。
全体が染みたら取り出して絞ります。
しっかり絞ってください。





IMG_3762s-.jpg 

キッチンなどで使うような小さなビニール袋を使用します。
これは、テーブルの周りを汚さないように作業するためです。



IMG_3764s-.jpg 


ビニール袋の上で、染める顔料を和紙に染みさせます。

まず、四つ角の所に少しずつしみこませます。
その後、側面にも少しずつしみこませます。



IMG_3766s-.jpg 


しみこませたら、袋に入れて上から押します。




IMG_3767s-.jpg  



ひらくとこんな感じになります。




IMG_3768s-.jpg 

次に、まだ白く黄色に染まっていない部分に、オレンジの顔料をしみこませました。

そしてまたビニール袋にいれてもみもみします。



IMG_3770s-.jpg 
  

開くとこんな感じになります。





IMG_3769s-.jpg 



 たくさん染めました。





では、染めた和紙の風合いを出すための一手間を 


和紙は手でちぎるとボサボサになり、そこがとても良い感じを生み出します、しかし大きい形であれば
手でちぎることもできますが同じような形を何個もとなると難しいですよね。


次回はそんな一手間をお伝えいたします。


今日も最後までご覧いただきましてありがとうございました。

次回もお楽しみにぃ  










いつも「ポチっと」応援ありがとうございます。
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村

デイサービス ブログランキングへ

プロフィール

とんぼ玉

Author:とんぼ玉
物つくりを通して「楽しい・快い」の気持ちを引き出すことを目指して活動しています。北海道から情報発信します!
<主な活動内容>
・アクティビティの企画提案
・制作セットの販売
・現場でのレクチャー

リンク

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
61位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
介護
19位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム